医療過誤

医療過誤

医療過誤 誤診、手術ミス、輸血ミス、投薬ミス、脳死、臓器移植法に関する問題など医療をめぐる様々なトラブル

医療を受けるにあたり、患者は、知る権利(病名や、診療計画、処置や手術およびその選択の理由、薬の名前や作用副作用、費用等)、自己決定権、プライバシー権、受療権等の権利を有しています。しかし、現在は、このような患者の権利が十分尊重されていないように思われます。患者の正当な権利を主張することは、個々の事案の被害の救済のみならず、医療事故再発防止、患者の権利という意識の確立、より安全で良質な医療を導きます。